図−5 無麻酔、無拘束ラットにおける自動運動(A)、同時にモニターした線条体微量透析によるドーパ(B)およびドパミン(C)の基礎的遊離に及ぼすD2−作動薬クインピロールの作用ならびにその作用のα-MPTおよび中枢性ドーパ脱炭酸酵素阻害薬(NSD-1015)による修飾の時間経過 

図−5 無麻酔、無拘束ラットにおける自動運動(A)

Smoking Reserch Foundation