HOME > 助成事業 > 助成事業

助成事業

喫煙科学研究財団は、喫煙に関する科学的な調査研究への助成を主な事業としています。
喫煙等に関する、独創性が高く学術上の意義が大きい科学調査研究を対象とします。若手研究では特にチャレンジ性の高い研究課題を歓迎します。

加熱式たばこ等に関する研究も含まれます。


助成プログラム

研究課題は一般研究、若手研究、特定研究に区分して募集します。

一般研究

代表研究者として応募できる方は、大学、研究所および病院等に所属する研究者とします。

研究分野

喫煙とがん、喫煙の生理・薬理、喫煙と循環器系、喫煙と呼吸器系、喫煙と消化器系、喫煙と内分泌・代謝、喫煙と神経系、喫煙と妊婦・胎児、喫煙と精神機能・行動、受動喫煙、疫学等

募集要領

若手研究

大学、研究所および病院等に所属する研究者が一人で研究を行うこととします。(44歳以下の方を対象)

研究分野

喫煙とがん、喫煙の生理・薬理、喫煙と循環器系、喫煙と呼吸器系、喫煙と消化器系、喫煙と内分泌・代謝、喫煙と神経系、喫煙と妊婦・胎児、喫煙と精神機能・行動、受動喫煙、疫学等

募集要領

特定研究

当財団の諮問機関である研究審議会が選定したテーマに基づく課題を設定していただき、組織や専門の枠を超えたグループによる協働研究を行うこととします。

募集要領
助成事業